カミングアウト どっとこむ 

カミングアウトは勇気がいる

2013年1月、ゴールデングローブ賞の授賞式で、ジョディ・フォスターが自分は同性愛者だとカミングアウトしました。
それを受け、今回は自分は同性愛と無縁だと思っている人に向けた記事を書きます。

 

カミングアウト どっとこむ

 

映像作家の島田暁さんに同性愛について尋ねた所、以下のいくつかの点を話してくれました。
島田さんは、同性愛などのセクシャルマイノリティを社会的に可視化する活動をしているレインボー・アクションの代表です。

 

●同性愛は自然に反するものではない。
●凝り固まった性のイメージがもたらす問題。
●体の作りによる性別と、自分が認識している性別。
●恋愛対象の異性と同性に対するものは別次元。
●性別は男女ではっきり分かれていのではなく、グラデーションになっている。

 

もし友達から同性愛者だと打ち明けられたら、どんな返しをすればいいのでしょう?
同性愛者は、どんな相手にどんな気持ちでカミングアウトしているのでしょう?

 

島田さんは、多くの同性愛者がカミングアウトの相手を慎重に選んでいると教えてくれました。
偏見やいじめなどの経験から、「もっと仲良くなりたい」とか「言っても大丈夫」と思える人でないとしないそうです。
以下の点をその判断基準とし、総合的に判断しています。

 

●一緒にテレビを見ていてオネエ系タレントについてどう話すか。
●男らしさや女らしさについてどんな考えか。
●他のマイノリティな事にどんな反応をするか。
●単純に話が合うか。

 

今や同性愛者の数は、1クラスに1人居てもおかしくない割合です。
あなたの友人や知人に1人も居ないとしたら、カミングアウトされていないだけかもしれません。
ヴィトックスαを感じるためにはペニス増大にチャレンジすべきです。

カミングアウトで打ち明けることによる効果

こうして慎重に相手を見定めても、カミングアウトが不安な事に変わりはありません。
打ち明けた事でよそよそしくされたり、拒絶されたりしたらどうしようと思ってしまいます。

 

同性愛者は異性愛者より数が少ないだけで、不自然な事ではありません。
ただの好みを相手を選んで不安を抱えながらカミングアウトしなければいかない事自体、おかしいのです。

 

島田さんも今まで何人かにカミングアウトして来ました。
その中で1番嬉しかったのは「何となくそうだと思ってた」という返事で、すうっと肩の力が抜けたそうです。

 

また、「教えてくれてありがとう。知識が無いから不愉快な事言っちゃったら指摘して」という言葉も感激したとか。
その人にとっては同性愛が自然だけれど、自分と違う種類の島田さんの事もきちんと理解しようとしてくれていると感じたそうです。

 

相手との関係から何と返事したらいいかが自然に分かるはずです。

アウティングとは

カミングアウトされた事を、その人の了解を得ずに他の人に言う事をアウティングと言います。
相手はカミングアウトの相手を慎重に選び、それでもなお勇気を出して伝えました。
それをあなた経由で他の人が知ってしまったら意味がありません。

 

カミングアウト どっとこむ

 

世間一般には、まだ同性愛への理解や知識は浸透していません。
アウティングの結果、どんな事になるか分からないので絶対にやめましょう。

 

同性愛の話題が出た時、バカにする人が居ます。
もちろん本当に同性愛が嫌いでする人も居ますが、中にはカミングアウトしていない同性愛者がする事もあります。

 

自分が同性愛者な事を隠す為に、異性愛者に見せようと過剰な反応をするのです。
心の中では周りの反応を気にしていて、自分自身を悪く言うだけでも辛いのに、周りが同調すれば更に傷つきます。
同じ事を思っていないなら安易に同調してはいけません。

同性愛者とは

多くの同性愛者はホモやレズという単語を蔑称と感じています。
男性はホモではなくゲイ、女性はレズではなくレズビアンやビアンと言いましょう。

 

男性用のAVに「レズもの」があります。
これは男性目線で作られた女性同士の絡みなので、レズビアンの人達はレズという言葉にとても不快感を感じます。

 

カミングアウト どっとこむ

 

常に自分にとっての当たり前が他の人にとっては違うと考えていないと、人を傷つけてしまいます。

 

例えば女性は20代後半になると「結婚しないの?」と聞かれ、結婚したら今度は「子供は?」と聞かれます。
これらが苦痛な人がたくさん居ますが、聞いている方に悪気はありません。
20代後半になったら結婚する事、そして結婚したら子供が出来る事が当たり前だと思っているのです。

 

女性に「彼氏は?」、男性に「彼女は?」と聞くのも同じです。
異性愛が当たり前だと思っているから何気なく聞いてしまいますが、同性愛者は傷つきます。
恋人の有無を知りたいなら「付き合ってる人は?」と聞きましょう。

 

誰かが自分と違う当たり前の感覚を持っていても、それを否定したり、自分の当たり前を押し付ける必要はありません。
アンテナをあちこちに張り巡らせて色んな考えを知っていると、様々な人が生きやすい世の中になるでしょう。